ハプバーでやる方法!ハプバーでセックスを楽しむコツとルールや料金体系

【2019/3/23更新】人間の三大欲求の1つである性欲。

男にとって風俗店やデリヘルなどお金を払って店で抜くのが一般的でしょう。

そんな中、抜くならハプバーという人は見かけませんよね?

ハプバーといえば、ヤリたい男女がバーに集まり、気が合えばすぐにセックスが始まる印象くらいしかわからないのでは?

そもそもハプバーについて詳しく知らない人ばっかですよね。

さらに「初心者が行くには敷居が高そう」「何が起こるか分からなくて怖い」

といった考えから、行ってみたいけど一歩踏み出せない人が大半でしょう。

それでも、やっぱりいきなり出会って即パコしたい!とおもっているスケベな人は数多いはず。

今回は、ハプバー初心者に向けて、楽しみ方や注意点、安全性などを紹介していきます。

ハプバーとは

ハプバーとはハプニングバーの略称です。その名の通り、お客さん同士でハプニングが起きちゃいます。性的なハプニングがほとんどですね。

バーとして飲みに来るという人よりもセックスを目的に集まる人の割合が圧倒的。SMプレイや複数プレイ、女装や露出など普通に生活していたら出会わない趣味趣向が集まります。

お店とお客さんではなく、素人のお客さん同士なので、素人じゃなければ嫌だというこだわりを持った人も安心して遊びに来ることができますよ。

ハプバーの場所はどこにある?わかりにくい?

風俗店やキャバクラなどは駅の近くにあったり、看板や客引きがいるためその場所が分かりやすいですよね。

それに比べてハプバーの場所は分かりにくい。路地裏やビルの地下にあることがほとんどで、限られて人しか知らない秘境のような存在です。

お店を検索しても、ハプバーですと掲げている場所はほとんどありません。

場所の分かりにくさがハプバーの敷居を高くしている要因かもしれませんね。

ハプバーはほぼ全てのお店が会員制

知る人ぞ知る場所にあるハプバー。そのため、ほとんどのお店が会員制を採用しています。初入店の際は、入会金と入店料がかかりますのでご注意を。

また、入会には身分証明書が必要とやや厳重です。その分、安心して思う存分楽しめますね。

料金の高さは、男性>カップル>女性の順です。女性の料金が安いため、女性は気軽に来店しやすく、男性は女性に会いやすい利点があります。

ハプバーのお店のスタッフと仲良くすること

ハプバーはお客さん同士の交流がメインですが、まずはお店のスタッフとの距離感を大切にしましょう。ハプバーを楽しめる人のほとんどがスタッフと仲良しです。

ハプバーは独特な空間のため、スタッフはコミュニケーションや気配りに力を入れています。スタッフと仲良くなることで優遇があることも。

スタッフに嫌われてしまうと入店拒否なんてことにもなりかねないので、初心者の方はまず謙虚な姿勢でスタッフと接してみましょう。優しく丁寧に対応してくれますよ。

ハプバーでは男女性別を問わず話しかけてみるとお得

女性とのハプニングを期待して行くのに、なぜ男性に話しかける必要があるの?と思った人もいるでしょう。もちろんハプバーでは女性客との距離感に気を付けることは大事です。

しかし、それ以上に大事なことが男性客との距離感。ハプバーにいる男性客は常連客である場合が多いです。

常連の男性と仲良くなることでお店独自の楽しみ方や狙い目の女性客など、ネットでは知ることのできない情報を得られるかもしれません。

ハプバーに来る男性客は女性を取り合う敵ではなく、一緒に楽しむ仲間という意識を持っておきましょう。

ハプバーでの話しかけ方をマスターしよう

ハプバー初心者がやりがちな失敗は、話の出だしから口説き落とそうとすることではないでしょうか。

具体的には「お綺麗ですね」「君、可愛いね」「アダルトなことは好きですか」などです。

話の流れで綺麗や可愛いと言うのはありです。しかし、初対面の人にいきなり言われてもと思う人もいるはず。

また、アダルトが好きでなければハプバーには来ませんよね。独りよがりになって当たり前のことを聞かないように。

まずは、誰にでも対応でき、当たり障りがない会話から始めると良いですね。

具体的には「良いお店ですよね」「よくいらっしゃるのですか?」「仕事終わりですか?」などです。

良いと思って入店していますから、その気持ちに共感することで距離が近くなるかもしれません。スタッフの近くで褒めることでお店からの印象も良くなります。

残りの2つもどこでも使えるセリフですよね。ハプバーだからといって特別なことを言う必要はありません。

場所を問わず初対面の人に使える言葉から話し始めることがポイントです。

ハプバーのお店の注意事項は必ず守ること

当たり前のことですが、お客として入店するためお店の注意事項は必ず守りましょう。

ルールを破った場合、お店を出禁になったり、退会させられてしまうことがあります。楽しくないハプニングには遭遇したくないですよね。

ハプバーの注意事項①店内での録音や撮影

店内では携帯電話の使用、録音や撮影も禁止されています。そのため、通話やメールもできなくなります。

プライバシーを保護して楽しんでもらうための配慮です。セックス中の録音や撮影が趣味の人は残念ですが諦めましょう。

ハプバーの注意事項②売春行為は禁止

いくらアダルトな空間といえど、犯罪行為は禁物です。店内外で話しかけられても乗らないようにしてくださいね。

また、ハプバー内での金銭のやり取りは禁止されているので、差し出されても受け取ってはダメですよ。

ハプバーの注意事項③他のお客さんが不快に思う迷惑行為

泥酔して暴れる、女性客やカップルをしつこく誘うなど他のお客さんの迷惑になる行為はやめましょう。

お店にとって女性客やカップルは盛り上がりに必要な大切な存在です。つまみ出されるなんてことにならないようにしてくださいね。

ハプバーへは最低限の身だしなみを整えてから入店すること

身だしなみを整えずに入店すると、他のお客さんを不快にしてしまうかもしれませんよね。最悪、入店拒否される場合も。

そうならないためにも最低限整えておきたい部分を紹介します。

ハプバーへの身だしなみ①シャワーを浴び体臭を抑える

ハプバーはセックスを目的に入店している人が多くいます。いざセックスをしようとした時に、体臭が強ければ拒否されるかもしれません。

そのような状況を避け、女性を不快にしないためにもシャワーを浴び、体臭を抑えてから入店することをおすすめします。

ハプバーへの身だしなみ②口内環境を整えて口臭を抑える

体臭同様に気を付けなければならないのが口臭です。キスをする時やセックスの時。強烈な口臭では雰囲気が台無しです。日頃から口内環境を整えておきましょう。

ハプバーへの身だしなみ③爪の長さ

女性に触れる時、長い爪では傷つけてしまうかもしれません。男性が女性の胸を見るように、女性は男性の爪をよく見ています。

長い爪は短く切り、ヤスリなどで整えると良いですね。

ハプバーへの身だしなみ④髪の毛やヒゲを整える

人間の第一印象に大きく関わる見た目。ボサボサの髪の毛や手入れされていないヒゲに良い印象を持つ人はいないですよね。

髪の毛やヒゲを手入れして不潔な印象を持たれないようにしましょう。

また、鼻毛にも注意が必要です。うっかり鼻毛が出ていても誰も教えてくれません。ハプバーの笑いものにならないように気を付けてくださいね。

ハプバーへの身だしなみ⑤清潔感のある服装

髪の毛やヒゲと同じように、服装も第一印象に関わります。ハプバーにおいてオシャレは正解ではありません。

ダサい服装が好きなマニアックな人もいるでしょう。ですが残念ながら不潔な服装が好きな人はどこを見渡しても現れません。

ハプバーの安全性

さて、ここまでハプバーの基礎や楽しむコツ、注意点をお伝えしてきました。最後にハプバーを利用する上で大事なことをお伝えします。

ハプバーは安全なのでしょうか。身分証明書を提示して会員になったのに安全じゃなかったら嫌ですよね。

結果から言うと、お店とお客、お客さん同士はトラブルがほとんどなく安全です。

しかし、法律という観点から考えるとグレーゾーンです。現に逮捕、摘発されるという事件は起きています。

逮捕理由の主なものとしては公然わいせつ罪と幇助罪の2つです。セックス中に警察が来たら客側は公然わいせつ罪、お店側はその手助けをしたとして幇助罪になります。

残念ですが明確な回避方法はありません。国家権力に逆らうことはできないのです。逮捕、摘発されないように運を身に付けると良いかもしれませんね。

強いて言うなら、イチャイチャの度合いを一定に保って楽しみましょう。私達は人間ですから、間違ってもお猿さんのように我を忘れてセックスに夢中にならないでくださいね。

ハプバーについてのまとめ

今回はハプバーの初心者に向けて、ハプバーの基礎から楽しみ方、注意点や危険性を紹介してきました。

雰囲気を知るために1度行ってみるのも良いかもしれませんね。趣味趣向が多様なので、自分の中で新たな扉が開くでしょう。

仕事に疲れた時や人生の方向性を迷った時。ハプバーはそこに来た境遇も多様化もしれません。色々な価値観が混在した不思議なバーです。

もし行かれる方は、間違っても初回で警察のご厄介にならないようにしてくださいね。



実感力最強の巨根化増大アイテムを本物の口コミから検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。