マン汁とは?愛液の増やし方と膣分泌液の仕組みを徹底解説!まんじるが興奮する理由やまんこ汁をドバドバ出させる方法とは?

マン汁とは?愛液の媚薬効果や膣分泌液の増やし方と仕組みを徹底解説

【2019/3/23更新】膣分泌液、いわゆるマン汁。 セックスの際にトロリと濡れた愛液まみれの膣は魅力的かつ官能的。

マン汁ドバドバの女性は淫乱に思えるし、ローションいらずでマジでセックスがはかどりますよね。

逆に女性の膣分泌液が少ないとペニスがこすれるたびに陰部が痛くて、女性も男性もセックスに集中できません。

男にとっては濡れ具合で女性の感度を見極めている人も多いのでは?

しかし単純に濡れているからといって感じているという単純な話はないようです。

ここではセックスライフに必要不可欠な膣分泌液について、分泌のメカニズムや分泌量を増やす方法を詳しくご紹介いたします。

巨根デカチンになってマン汁をドバドバ出す!

マン汁(愛液)とは?なぜ濡れるのかの理由

マン汁(愛液)とは?なぜ濡れるのかの理由
膣分泌液は、通称マン汁または愛液とも呼ばれます。

男という生き物は、 セックスの際に女性がいわゆる濡れている状態が大好き。とにかくマン汁で濡れたまんこがたまんないのです。

それは、濡れているイコール自分との営みに快感を得ている、と捉えるから

AVなんかを見てると「マンコがグチャグチャに濡れて淫乱になってるよ」なんていうセリフをよく聞きますね。

マン汁どばどば=感じてる、と大体の男は思っているわけです。

膣分泌液は、女性が性的に刺激を受けると膣内から分泌され、セックスをスムーズにする潤滑剤の役目を果たしてくれる粘質の液体。

男にとって膣分泌液の多い女性とのセックスは、天然ローションなわけで、より快感を得ることができます。

逆に、セックスの際に膣分泌液があまり出ないと、本来気持ちの良いはずの膣とペニスの摩擦はただ痛いだけの出来事となり、さらには擦り傷などのけがを引き起こしてしまうことさえあります。

なお、他に女性の分泌物として「おりもの」がありますが、両者は似て非なるものです。膣分泌液は主にセックスの際に分泌され、おりものはセックス以外の時に分泌されます。

おりものは、細菌など膣のなかの不要な成分を体外へ出すデトックスの役割で分泌されます。

平常時でも一定量が分泌され膣の粘膜を湿潤に保ち、膣の自浄作用を担っている。
外陰部に刺激を受けたり、性的に興奮した際などには顕著に分泌され、性交時の潤滑剤の役割を果たす。
参考:腟分泌液とは?| wikipedia

これまで恥ずかしさからあまりきちんと目を向けたことのない女性もいるかとと思いますが、大切な分泌物である膣分泌液について理解を深めてみましょう。

とその前に実は愛液には媚薬としてのききめがあるとか。その点を先に検証してみます。

究極の媚薬と称されるマン汁(愛液)!クンニしたくなる理由

究極の媚薬と称されるマン汁(愛液)!クンニしたくなる理由

ある調査によると、愛液入りの香水を使用したとこと、メチャクチャモテるようになったとか。

これぞリアル「フェロモン香水」です。科学的な検証はなされていないものの、通常の香水をつけた時よりも、マン汁入りの香水をつけた時のほうが明らかに男性ウケがよく、男が発情しやすいとの話があります。

実際、愛液にはフェロモン実感が期待できるようです。

ちなみに日本人は臭いに敏感なため、まんこの香りを敬遠しがちですが、海外では逆。

ヨーロッパなどではまんこの香りがないと興奮しない!という男性も多数いるんだとか。たしかに好きな女性のあそこの臭いを嗅いでみたい!むしろ大好きという男の気持ちもわかりますね。

また、エロ本などを見ると、AV女優のまんこの香りが染み付いたパンティーなどが売れられいますが、まんこ臭のフェロモン実感を上手に使った商品といえますね笑

マン汁には男性を引き寄せる魅力があるといっても過言ではありません。

そのため、 おまんこが濡れれくるとつい興奮してクンニしたくなる男が多いのもうなずけるでしょう。

マン汁(愛液)の役割はローション!セックスをスムーズにすること

マン汁(愛液)の役割はローション!セックスをスムーズにすること

膣分泌液の役割は、ずばりセックスをスムーズにおこなうことです。膣分泌液は、セックスの際の潤滑剤であり、膣とペニスの摩擦を減らしてくれます。

膣分泌液がしっかり分泌されれば男女の性器同士の摩擦なく気持ちの良いセックスができますが、なんらかの要因で膣分泌液があまり分泌されないとスムーズなセックスができません。

女性はとにかく痛みのため、セックスを続行することができなくなり、そんな女性を見た男性は自分のやり方が悪いのかと自己嫌悪に陥ります。

男性はセックスの失敗に落ち込みトラウマとなり、そこから勃起不全になることもあります。

ですが、膣分泌液の分泌は、女性の性的な興奮だけではなく、精神状態や体調、体質にも大きく左右されるもの。女性は、普段から膣分泌液がしっかり分泌されるよう体質の改善などに努めるとよいでしょう。

マン汁(愛液)の分泌のメカニズム

藍液である膣分泌液の分泌には、女性ホルモンが深く関与します。

パートナーからのキスや愛撫など性的な刺激により女性が心身リラックス状態になると、脳の脳下垂体後葉からホルモンの一種であるオキシトシンが分泌されます。

オキシトシンは、別名「幸せホルモン」と呼ばれる物質。女性からオキシトシンが分泌されはじめ、さらに性的な刺激が続行されると、女性の下腹部に血流が集中し、やがて性器が充血してきます。

「幸せホルモン」「恋愛ホルモン」「抱擁ホルモン」「信頼ホルモン」「絆ホルモン」「思いやりホルモン」「癒しホルモン」など、数々の異名を持つこのホルモン、分泌されるとわたしたちに以下のような効果をもたらしてくれるといいます。
・幸せな気分になる
・脳・心が癒され、ストレスが緩和する
・不安や恐怖心が減少する
出典:オキシトシンとは?リクナビネクストジャーナル

そして性器の充血は、膣内を濡れた状態に導きます。膣壁からは血漿がにじみ出てきますし、バルトリン腺やスキーン腺からは粘液が分泌されるのです。

通常、膣分泌液は性的な興奮に比例して分泌される量が多くなります。ですが逆に、強姦など無理やり性的刺激を受けた場合にも膣分泌液が分泌されます。

これは、女性が無意識のうちに体の防衛本能により膣を守っている現象です。この例からしても膣分泌液の量は性的興奮だけに左右されるものではないということ。

膣分泌液の分泌量は女性の体調などにも影響を受けるのです。男性はパートナーをより性的興奮させられるよう、女性は体調を整えて分泌液がしっかりあふれるよう、頑張りましょう。

膣分泌液(愛液)の成分

膣分泌液の主成分は、血漿です。血漿というのは、血液から白血球や赤血球、血小板などを取り除いた液体です。

膣分泌液には、バルトリン腺やスキーン腺の分泌液、子宮頚管からの粘液も混ざりあっています。

マン汁(愛液)が減少する理由は?まんこ汁が出ないわけ

マン汁(愛液)が減少する理由は?まんこ汁が出ないわけ
しかし、セックスで感じているにもかかわらず、マンコが濡れにくいという女性もいるようです。

ではなぜ、藍液が出にくくなるのでしょうか。その点を詳しく見ていきましょう。

マン汁(愛液)分泌にはエストロゲンが関わっている

膣分泌液が減少する要因のひとつが、女性ホルモンであるエストロゲンの減少です。

エストロゲンは、女性を女性らしくするホルモンで、女性の心身のバランスに深く関与します。

エストロゲンは、女性が性的興奮を受けた際に膣分泌液を分泌させるのをサポートする役割を担っています。

ですからエストロゲンが減少すると、膣分泌液の量も減少してしまうというわけです。エストロゲンにはほかにも多くの役割があり、エストロゲンの減少で、膣の萎縮や硬化、乾燥なども引き起こします。

参照:Woman Health: Female Body Fluids | Sinepenis

エストロゲンが減少する理由

エストロゲンをはじめとするホルモンは、加齢に伴って体内での分泌量が減っていきます

エストロゲンは、脳の視床下部からの刺激により卵巣から分泌されます。女性は40代に差し掛かると卵巣機能が低下し始め、それに伴いエストロゲンの分泌も急激に減少するのです

加齢による膣分泌液量の減少は防ぎようのない部分でもあり、セックスの際には市販の潤滑ゼリーなどを用いるとよいでしょう。

また、年齢にかかわらず、ホルモンバランスの崩れにより膣分泌液が減少することもあります。健康的な生活を心掛けて、なるべくホルモンバランスを正常に保つことを目指しましょう。

マン汁(愛液)を増やす方法1.ストレッチや筋トレをする

運動不足は、血流の悪化を引き起こします。そもそも濡れるという現象は、性的興奮を覚えた際に性器が充血して起こるのですが、血流が悪いとこの充血がスムーズにいきません。

適度なストレッチや筋トレで体の血流を良くして、濡れやすい下半身を目指しましょう。またストレッチや筋トレを行うと、自律神経のバランスが整い体内のホルモンバランスが良くなります。

マン汁(愛液)を増やす方法2.緊張を解しリラックスさせる

プレッシャーや緊張など精神的なストレスのある状態下では、膣分泌液の分泌が妨げられます。

セックスの際には、女性ができるだけリラックスできるように心掛けましょう。アロマなどで良い雰囲気を醸し出す、テンションをあげるちょっとしたアダルトグッズを使う、というのもひとつです。

セックスは男女で一緒に楽しむもの、パートナーと一緒によりよいセックスライフを目指しましょう。

マン汁(愛液)を増やす方法3.栄養をしっかりと摂る

マンコからの藍液を増やすために、女性は、日々の生活のなかで、バランスの良い食生活を心掛けましょう。

良質のたんぱく質を中心として炭水化物や脂質、ビタミン、ミネラルを摂取します。なにかひとつを突出させるのではなく、まんべんなく栄養素を摂取することが大切です。

厚生労働省が各栄養素の一日の推奨摂取量を発表していますので、その数字を目安にするとよいでしょう。

なかでも現代女性に不足しがちなのが、亜鉛やビタミンB、B6、Eです。特に亜鉛は、性機能に深く関与する成分なので、意識して摂取しましょう。

女性は、ついダイエットに重きを置いてしまうこともありますが、無理なダイエットは控えて必要な栄養素を体内に取り入れましょう。

例えば、豆乳は女性ホルモンに似た作用を持つイソフラボンを含むおすすめ食材です。

食生活を根本から見直す

普段の食事だけで摂取できない栄養素については、ペニス増大サプリの助けを借りるとよいでしょう

厚生労働省が発表している必要栄養素をすべて食事でまかなうのは結構大変なこと。ダイエットや持病などで摂取カロリーに留意している場合はなおさらです。

ペニス増大サプリのなかには、女性ホルモンの増加を促してくれるものもあります。

普段の食生活に気をつけながら、不足しがちな栄養素をサポートするのがおすすめです。

マン汁(愛液)を増やすために男性ができること

女性の膣分泌液の分泌を増やすために男性ができることは、女性に快感を与えることでしょう。

信頼できるパートナーからの性的刺激は女性をリラックス状態に導き、膣分泌液の分泌を促します。

男性諸君は日々ペニスサイズアップに努めて、女性を満足させられるようにしましょう。

ペニスサイズアップの方法としておすすめなのが、ペニス増大サプリや性力剤の摂取、それにペニス増大トレーニングです。

なお、大きいペニスでセックスする場合、はじめにローションなどの潤滑剤を利用するとよいでしょう。

膣分泌液がしっかり分泌される前にローションの助けを借りることで擦れによる痛みがなく快適に進めることができます。

やがて、高まる快感とともに女性自身から愛液があふれてくるでしょう。

マン汁のメカニズムや愛液の成分や出す方法まとめ

膣分泌液は、快適なセックスライフになくてはならないもの。

女性は、適度な運動やバランスの良い食生活を心掛けて、膣分泌液がしっかり分泌される体づくりを目指しましょう。

食生活だけでは摂取の難しい栄養素についてはペニス増大サプリの助けを借りるとよいでしょう。

男性は、パートナーがなるべくリラックスできる雰囲気づくりをして、女性の愛液があふれてくるようサポートしましょう。



実感力最強の巨根化増大アイテムを本物の口コミから検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。