オナニー中毒は危険!オナニー依存症を簡単に楽に治す方法と我慢の仕方

【2019/3/23更新】もしかして暇があればシコシコしていませんか?

多くの人は、すきがあればエロ動画をチェックしてちんこをしごいているのでは??

そう、もはや無意識のレベルでイク瞬間の一瞬の快感を常に求めていることでしょう。

実はオナニーも中毒化すると大変なことになるんです。

ひどい場合は我慢したくても、もはや自分の力では我慢ができなくなり、場所や時間をかえりみずにオナニーばっかを繰り返すように。

そうなると薬物中毒と同様に社会生活が送れなくなってしまうわけです。

ここではオナニー中毒の症状や陥りやすい人の特徴、そしてオナニーの我慢の仕方やオナニー依存症の直し方をわかりやすく紹介。

オナニー中毒を楽にする方法をたっぷりとお伝えしていきます。

オナニー依存症(自慰行為依存症)とは

「オナニー依存症」とは、よくないとわかっていながらどうしてもオナニーするのをやめられない状態で、まさに依存症。自慰行為依存症、マスタベーション依存症とも呼ばれます。

一日に何度も、場合によっては何時間もオナニーしてしまい、若年層を中心に問題となっている症状です。

オナニーする頻度が高いことがそれほど問題なのか、若くてパワーあふれるうちは当たり前の生理現象ではないのか、と思う方もいるようですが、実は大問題なのです。

重度になると、朝起きてから夜寝るまで頭のなかはずっとオナニーのことばかり。他のことが手につかなくなってしまい生活に支障をきたします。

オナニー依存症の要因は?

オナニー依存症の要因のひとつは、ずばりストレスです。オナニー依存症になる方の傾向としてストレスを強く感じた時にオナニーをする特徴があります。

オナニーで快楽を得ているあいだストレスを感じないで済み、まさにオナニーに逃げている状態。そうしたクセを続けるうち、だんだんとオナニーなしでは生活していけない状態へと陥ってしまうのです。

ですから、今現在はオナニー依存症ではないものの、悩みなどがある時に決まってオナニーをしてしまう人は、オナニー依存症に注意すべきです。

頭も体もオナニー一色になり、ちょっと辛いことがあるたびに手近な快感に逃げるようになってしまいます。

オナニー依存症【デメリット1】膣内射精障害

膣内射精障害というのは、いざ女性とセックスしても膣へのペニス挿入およびにピストン運動では快楽を得られない状態を指します。

女性の膣内でフィニッシュ出来ないため、自信喪失やセックスレス、あるいは愛する恋人と別れてしまうケースも少なくありません。

膣内射精障害の原因は、ずばりオナニーのやりすぎで、オナニー依存症の男性にピタリとあてはまります。

とくに、ペニスをハードに握るようなオナニーや、床にペニスを擦りつけておこなう床オナ、足をピンとはってようやくフィニッシュできる足ピンオナニーなど、刺激的なオナニーに慣れてしまっている方は、膣内射精障害を発症しやすいです。

膣内射精障害を治すには、オナニー回数を減らすとともに、オナホールを用いてそのソフトな刺激のみで射精できるよう改善する必要があります。

また、あまりに過激すぎる妄想に近いようなアダルトビデオを見るのは控えてください。現実味のない映像相手にオナニーをしていると、やはりオナニー依存症や膣内射精障害になりやすく、そこから抜け出せなくなります。

オナニー依存症【デメリット2】時間を費やしてしまう

毎日のようにオナニーしていると、とにかく時間の無駄です。

オナニーをするためのアダルト動画を探すのに30分、実際のオナニーに30分として一日1時間もの時間を消費、これを一ヶ月、一年と続ければどれほどの時間を費やしてしまうことでしょう。

これだけの時間があれば、仕事や資格取得、趣味などを楽しめますし、実際の恋愛で彼女と楽しくお話することも可能です。

オナニーに夢中になっていると気づきませんが、時間というのはあっという間に経ってしまうもの。アダルト動画をあれこれと探しているだけで、1時間も2時間も経ってしまったというケースもザラではありません。

オナニー依存症【デメリット3】集中力の欠如

オナニー依存症になってしまうと、寝ても覚めても一日中頭の中がオナニーのことでいっぱいになります。

学生なら勉強がおぼつかなくなりますし、社会人なら仕事や家事などに支障をきたしてしまうことになるでしょう。

やらなければならないことは山積みなのに、そして、それを頭ではわかっているのに、それでもオナニーを最優先してしまい、とにかくオナニーを済まさないと何も手につかなくなります。

四六時中オナニーのことを考えているため、当然、集中力が低下、欠如します。

オナニー依存症【デメリット4】ポルノ依存症を発症する可能性

ポルノ依存症というのは、刺激の強いアダルト動画や画像に依存してしまうことを指します。

もちろん、アダルト動画や画像を見るうちに、オナニーへと繋がっていくのは当然の流れです。

昨今は、無料で画質の良いアダルト動画をネットで簡単に視聴できる時代。あまりに手軽なため、若年層からその虜になってしまう男性も多く、そうした刺激の強すぎるアダルト動画を見すぎるあまり、ポルノ依存症となってしまうことが多いのです。

はじめはネットでアダルト動画を見ることに抵抗があり、胸がドキドキするのですが、一度見てしまえばそんな気持ちは何処へ行ってしまうのか、どんどんアダルト動画の世界へと引き込まれてしまいます。

ある大学博士によると、一度見たアダルト動画や画像は脳のなかに記憶として残存するため、一度ポルノ依存症を発症すると、たとえば成分を体外に排出できる薬物依存症よりも、治療が難しいのだそうです。

オナニー依存症【対策1】自制心を持つべし

では、実は恐ろしいオナニー依存症にならないようにするにはどうすべきなのでしょうか。

何より大切なのは、自分に自制心を持つこと。たとえば勉強や仕事など何かすべきことがあるときは、どれほどオナニーを欲しても我慢することです。

まず一呼吸置いて、今の自分にオナニーしている時間はあるのか、今最優先すべきことは何か、をよく考えて見ましょう。

もしも学校や仕事から帰宅してホッとした時にいつもオナニーをするクセがある方は、いつもしたくなる時間に、絶対しなければいけない用事を入れてしまうというのもひとつの方法です。

オナニー依存症【対策2】集中できる趣味を探すべし

オナニー依存症に陥る方のなかには、オナニーを快楽のためというよりは、ストレスから逃れるためにしている方も多いのではないでしょうか。

そんな場合は、自分がストレス解消できるような熱中できる趣味を持つのが良い対策となります。

スポーツや音楽鑑賞、ドライブ、またボランティア活動など趣味の種類はなんでも構いませんから、オナニーのことを考える隙がなくなるくらい、集中できる趣味を探すのです。

オナニー依存症【対策3】一人時間を減らすべし

オナニーというのは、基本、一人時間におこなうもの。ということは、一人でいる時間を減らしてしまえば、必然的にオナニーする時間が減ります。

前述のように集中できる趣味を持って同じ趣味仲間と交流をする、また、仕事終わりにカフェ巡りをする、というのも良い方法です。

オナニー依存症になりやすい方の傾向として、インドアで自宅での一人時間が多い、時間を持て余している、というケースがあります。

一人時間の寂しさや手持ち無沙汰を紛らわすようにオナニーしているなら、意識して一人時間を減らすのがベストです。

オナニー依存症【対策4】実際の女性と恋愛する

オナニー依存症にならないために、実際の女性とお付き合いするのも良い方法です。

女性とお付き合いすれば、必然的にセックスすることになり欲求が満たされますので、オナニーの回数は自然と減ってきます。

たとえば、出会い系サイトや友人の紹介など、積極的に出会いを探してみましょう。

人には言えないけれど実はよく似たことで悩んでいる女性も多いものです。

オナニー依存症【対策5】アダルト動画視聴をやめるべし

当たり前と言えば当たり前ですが、オナニーをしたくなるようなアダルト動画や画像の視聴を一切やめてしまうのも得策です。

毎日何時間もダラダラとアダルト動画を見てしまう生活を本音ではやめたいと思っている方も実は多いようです。

思ってはいるものの、なかなかやめられない場合は、アダルト動画サイトにアクセスできないようブロックソフトをパソコンやスマホに入れてしまうのもおすすめです。

パソコンでアダルト動画を見ている方なら、常に家族がいる部屋にパソコンを置いて簡単に見られない環境を作ってしまうのも良いでしょう。

オナニー依存症はコカイン依存より治療が難しい症状。実は怖い病気、ということを肝に命じて、アダルトサイトと距離を取ってください。

オナニー依存症【対策6】楽天的になるべし

オナニー依存症を自分で治そうと思うのは大変良いことですが、一度発症した依存症を治すにはそれなりの時間がかかります。

回復するまで自分を制してオナニーをやめるクセをつけるのですが、依存症の場合これはかなりの苦痛を伴うものです。

急に100から0にするのではなく、たとえば何日オナニーしないで頑張ったら、一度オナニーを楽しむと行ったご褒美の日を作るなど、できるだけ楽天的に無理なく治療に努めましょう。

もし目標日数に達せずオナニーしてしまっても、自己嫌悪に陥らず、こんなこともあるさ、とまた前向きに考えることです。

一度の失敗であまりに自分を責めすぎると、逆にオナニー依存症からの立ち直りが遅くなってしまいます。

オナニー依存症【対策7】専門のクリニックを受診するべし

オナニー依存症を自分で治そうとトライしたものの、自分一人では治癒が難しいと感じたら、専門のクリニックを受診してみましょう。

依存症専門の病院や診療内科、精神内科などを受診すると良いでしょう。

オナニーというのは想像以上に体力を消耗するもので、依存症になると疲れているのにまたオナニーをしてしまい、疲れが取れないばかりか精神まで消耗し、挙句に鬱を発症するケースもあるそうです。

はじめてクリニックを受診するのは恥ずかしくて勇気がいると思いますが、オナニー依存症は病気ですから正直に医師に相談するのがベストです。

医師はたくさんの依存症患者を診察していますから、患者さんに合わせた治療プログラムなどを提案してくれます。

オナニー依存症は生活を狂わせる病気

男性にとってオナニーをして射精する行為は、たとえば100メートルを全力疾走するくらいの体力を消耗します。なかには一日2回オナニーをしてしまう方もいて、その場合の体力消耗度は半端ありません。

毎日のオナニーを続けていると、体力を消耗しすぎるがあまり、頭がぼんやりして勉強や仕事に支障をきたすなど、やがて体や生活のリズムをも狂わせてしまいます。

さらに、オナニーをしすぎるとホルモンバランスが崩れて、体調をも崩してしまいかねません。

もちろん適度なオナニーは逆に健康に良いという意見もあり、まったくオナニーを禁止ということではなく、自分を制して頻度を保つことが大切なのです。

オナニー依存症で、死んでしまうことさえある?

オナニー依存症が進み、心身のバランスを欠き体調を崩すと、最悪、死んでしまうことさえあるそうです。

まさかと思うような話ですが、実際日本でもオナニーし過ぎが理由で、死に至るケースが一年に200〜300件報告されています。

もちろん死因としてオナニー中毒とは明記されず、変死で処理されることが多いので、あまり知られていませんが、本当の話です。

絶対に避けるべきオナニーのやり方

オナニー依存症ではなくても、絶対に避けるべき危険なオナニーのやり方をご紹介いたします。

第一に、大量にアルコールを摂取したあとのオナニーは避けてください。アルコールにより血圧が上昇したところに、消耗の激しいオナニーをすると、恐ろしく心拍数や血圧があがるため、脳出血などを起こして死んでしまうことがあります。

第二に、オナニーの直前と直後のトイレは避けてください。オナニーの直前や直後にトイレに行くと、ペニスに炎症を起こし手術せねばならないケースがあります。

第三に、ノーマルなオナニーで物足りなくなって、アブノーマルなオナニーをするのは避けてください。

たとえば、ロープで首を縛るような危険なプレイに目覚めてしまい、夢中になるがあまり窒息死してしまったというケースがあります。

また、アナルや女性の膣にソーセージや野菜などを入れて変死してしまった方もいるそうです。

オナニー中毒だとセックスが良くないの?

オナニーをしすぎると、体に変調をきたすほどではなくても、女性とのセックスに暗い影を落としてしまうこともあります。

オナニーは、自分で自分の性感帯を刺激するので、どこをどんな風に触れば快感を得られるか自ずとわかっています。

ところが実際の女性とのセックスでは、そんなピンポイントに刺激を感じられるというわけではなく、その結果、女性とのセックスには魅力を感じられなくなってしまうのです。

どれほどテクニシャンな彼女でも、自分で刺激するのが一番なのは当たり前。ですから、オナニーに依存しすぎると、女性との関係がうまくいかなくなります。

女性との関わりがいつの間にかなくなり、気づけば結婚のチャンスも逃していた、という末路が待っています。

オナニーのクセがセックスに影響を及ぼす

オナニーは自分一人で快楽を追求するものですから、いつの間にか変なクセがついてしまうことがあります。

オナニーだけでなら良いのですが、そのクセをセックスにも持ち込みたくなってしまうことも多く、そうなると問題です。

たとえば、オナニーでフィニッシュを迎える寸前に、足をピンと伸ばすクセ。セックスのときも同じように足をピンとしないと絶頂を迎えられなくなります。

セックスは相手あっての行為なので、必ずしもオナニーのときのクセどおりの体勢を取れないケースもあります。

オナニーのときの体勢でないとイケなくなってしまうと、セックスではイケないという状況となり、気まずい空気が漂ってしまい、結局お相手と別れてしまうこともあります。

オナニーのときにうつ伏せになるのはNG

オナニーのなかでも、密かに人気のある床オナ。ですが、この方法は決しておすすめできるものではありません。

床オナとは、床にペニスを擦り付けることで刺激を得るオナニーの方法なのですが、手でするよりかなり刺激が強いものです。

床オナに慣れてしまうと、それより刺激の弱い通常のセックスでは感じられなくなってしまい、さらに射精障害に陥ってしまうこともあります。

さらに、床オナの嬉しくない副産物として、ペニスが変形するという恐ろしいケースも。ですから、うつ伏せでのオナニーや床オナはやめておくべきです。

アダルト動画をおかずにするオナニーも危険

オナニーをするときに、アダルト動画をおかずにする方は多いでしょう。ですが、実はこのオーソドックスな方法も危険です。

一般的にアダルト動画というのは、現実のセックスよりかなり刺激的で、普通ではまずあり得ないシーンが映し出されていることも多いです。

このようなフィクションを見続けていると、脳がそれに慣れてしまい、より過激な状況でしか興奮しなくなってしまいます。

すると、いざ女性とセックスしても、あまり感じなくなり射精できなくなってしまいます。

結果、オナニーの方がいいや、とさらにオナニー中毒・オナニー依存症への道まっしぐらに進んでいきます。

オナニー中毒から脱するにはスポーツをする

一度オナニー中毒になってしまうと、なかなかそこから這い上がるのは難しいです。頭ではやめたいと思っていても、ついつい欲望に負けてペニスに手が伸びてしまう男性もいることでしょう。

もしも、やめたいのにやめられない中毒症状になっている場合は、スポーツすることをおすすめします。

オナニーをしたくなる欲求というのは、性欲ももちろんなのですが、実はストレス解消をしたいという理由も大きいのです。

知らず知らずに、ストレスをオナニーの快感で解消しているケースがあり、その場合にはストレス解消の矛先を別のところに向けると良いでしょう。

なかでもスポーツはおすすめ。体を動かし額に汗することで、脳内麻薬が出て気持ちが晴れ晴れするという原理です。

すると、ムラムラとした欲求も自ずとスッキリし、徐々にオナニーする頻度が低くなっていきます。

たとえば、20分ジョギングする、10分筋トレするなど、ほんのちょっとした有酸素運動を生活に取り入れるだけで、驚くほど心身がスッキリするものです。ぜひ試してください。



実感力最強の巨根化増大アイテムを本物の口コミから検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。