自分のちんこを舐めたい!セルフフェラのやり方とコツは?最強の快感セルフフェラチオで究極のオナニーを体感せよ 

自分のちんこを舐めたい!セルフフェラのやり方とコツは?最強の快感セルフフェラチオで究極のオナニーを体感せよ 

【2019/3/23更新】ぶっちゃけフェラをされてもそこまで気持ちよくない。

オナニーのほうがマシだわ、と嘆く男は数多いといいます。

確かに自分のちんこの性感帯はおのれのみぞ知るもの。

そこで男は思うのです。自分のちんちんを舐めたら快感なのではと。

しかし、よほどの巨根デカチンや柔軟性のある身体でもない限り、自分のペニスを舐めることは難しいでしょう。

ですが安心してください。諦めるのはまだ早いですよ。実はセルフフェラは訓練をすることで可能になるのです!

もしセルフフェラチオができるようになれば、手コキオナニーは愚か、ピンサロなどの風俗通いは不要になるわけです。

ここでは禁断の自分のちんこをフェラチオするコツを深掘りしていきます。

魅惑のセルフフェラワールドをぜひとも体感してください!

セルフフェラってどんなもの?自分のちんこを舐めたら気持ちいいのか!?

セルフフェラってどんなもの?自分のちんこを舐めたら気持ちいいのか!?
パートナーやもしくは風俗店の女性にしてもらうと最高に気持ちのいい性行為、フェラチオ。

誰かしてもらえる人がいる時はいいですが、一人でムラムラしてきた時にはどうにかして自分でペニスを舐めることができないか、と思うものです。

そもそも、自分の快感ポイントは自分が一番よくわかっていますから、誰かにしてもらうよりオナニーの方がいいという男性も多いです。

そんな男性陣におすすめなのが、究極のオナニーと呼ばれるセルフフェラです。

では、セルフフェラについて、詳しく解説していきます。

セルフフェラが気持ちいい理由!自分の快感ポイントは自分が一番熟知している

自分の気持ちいいところは自分が一番よく知っていますから、フェラチオを自分でできるようになれば、パートナーや風俗店で第三者にしてもらうよりずっとエクスタシーを感じられるはずです。

手でする通常のオナニーよりもずっと快感だと言われるセルフフェラ。ちょっとしたコツが必要ですが、努力次第でこれまで味わったことのない絶頂感を得られます。

セルフフェラの魅力とは?抵抗感はないのか?

彼女にしてもらって気持ちのいいフェラチオですが、これまで自分でフェラチオをするなんて考えたこともなかったという男性も多いでしょう。

自分で自分のペニスを舐めるセルフフェラなら、彼女にお願いすることも風俗店に通うこともなく、あの快感を得ることが可能です。

きっと、フェラチオを愛してやまない男性が、どうにか一人でもその快感を得られないかと編み出したのではないか、と想像できますね。

どのように舐めれば気持ちいいかは自分が一番わかっているもの。セルフフェラをすれば、彼女の歯がペニスにあたって痛い、吸う力が弱くてあまり感じない、といった不満はなくなります。

それどころか、どこをどう刺激すべきか、どの手順に時間をかけるべきかがわかっているため、あっと言う間にエクスタシーが訪れるでしょう。

もちろん、自分のペニスを口にすることに抵抗のない方しか実行できませんが、そのハードルさえ越えられれば、至福の時がやってきます。

女性にフェラチオをしてもらう時は、気持ちはいいものの、ちょっとしたポイントがずれていたりして、なかなかフィニッシュまでは到達しないもの。ですが、セルフフェラは違います。

息をつく間もないほどに快感の波が押し寄せてきて、そのまま一気にフィニッシュへと導かれることでしょう。

セルフフェラは、手でする普通のオナニーの何倍も強い快感を得られる方法として、一度やれば病みつきになる男性が続出しています。

セルフフェラのやり方・方法と気持ちよくなるためのテクニック

セルフフェラは、名前の通り、自分の口で自分のペニスを気持ちよくするオナニー方法です。

フェラチオですから、ちょっと触れるだけでなく、ペニスを口に咥えこみ上下にストロークしなければ、快感を得ることができません。

そのために何より大切なのが体の柔軟さ。一度屈伸運動をして自分がセルフフェラ可能かどうかチェックしてみましょう。

立った状態、座った状態で体を屈してみて、口がペニスに届き、かつペニスを含んで動かすことができるか調べます。

どちらかと言うと座った体勢の方がよりフェラチオしやすくておすすめですが、いずれかの状態でペニスを口に含められれば、セルフフェラ可能です。

セルフフェラの方法①レッグアップリフト法

レッグアップリフトは、別名チングリ返しとも呼ばれ、セルフフェラのなかでも一番基本的なスタイルです。

アダルトビデオに出ている女優さんがアナルを攻めるシーンとしてよく映し出されるあの体位です。

レッグアップリフトは、まずペニスを完全に勃起している状態にしてから、はじめます。

はじめに仰向けに寝そべり、両足のつま先を頭の左右につけるように、腰から足を持ち上げてください。

お尻に手を添えるとよりスムーズで、さらに背中にクッションや枕を添えるように置くと体が丸まりやすくてやりやすいでしょう。

するとペニスがちょうど自分の顔の前に来るはずで、そうなればセルフフェラへの準備万端です。

試行錯誤して、腰や足などが痛くなく無理なくできる体勢を見つけましょう。

セルフフェラの方法②座位

セルフフェラの座位には、上半身を下半身に近づけてする体勢と、マングリ返しのように下半身を引き上げる体勢の2種類の方法があります。

どちらの方が、無理なく、より自分の口でペニスを咥え込めるか確認してみましょう。

上半身を屈しながら下半身に近づける体勢では、両手で両足を押さえておこなうとバランスを取りやすくスムーズです。

なお、足はあぐらでも良いですし、前に投げ出しても構いません。自分がより楽な体勢でおこなうと良いでしょう。

首のスナップを利かせながら口でペニスを咥えストロークできる快適な姿勢を見つけることができれば、フィニッシュまではもうすぐです。

また、マングリ返しの体勢でセルフフェラをする場合、下半身を前後させるようにすると快感を得やすくなります。

座位でセルフフェラをする時は、起点を上半身もしくは下半身のどちらかに設定すると、動かしやすくスムーズです。

セルフフェラの方法③立位

立ったまま体を曲げて、股間に口を持っていく立位。バランスを崩さないことがポイントで、それさえできれば、ペニスの根元まで口に含みやすい、おすすめの体勢です。

体の硬い方も取り組みやすい方法で、体に負担なく舐めやすいため支持率が高いです。

ただし、あまり興奮しすぎると、バランスを崩して転んでしまうことがありますので、気をつけてください。

できれば背中を壁など安定したところにくっつけるように立つと、万が一バランスを崩しても安心です。

また、急激に頭を上下にふると、頭がクラクラとして貧血を起こすこともありますので、こちらも注意してください。

セルフフェラを楽しんでいる最中にアクシデントでフィニッシュまで到達できない、さらには怪我などしてしまうと元も子もありません。

セルフフェラを行える体づくりはストレッチで体を柔らかくする。

セルフフェラをおこなうに当たってクリアすべきは、体が柔軟なことと太っていないこと。セルフフェラでこれまでにない快感を得るために、体を健康に保つことが大切です。

今、体が硬くてもトレーニング次第で柔らかくして、より可動域を広げることができます。

今到達している領域が限界ではなく、ストレッチやヨガを毎日続けることで、もっとスムーズに体を動かせるようになります。

もしも今はまだ体が硬すぎてセルフフェラ出来ない状態でも、トレーニングをはじめて数ヶ月もすれば、セルフフェラできる柔軟性を手に入れられるかもしれません。

また、酢やグレープフルーツ、レモンを摂取すると体が柔らかくなるそう。タンパク質も柔軟な体づくりをサポートしてくれる栄養素です。

毎日の食生活にこうした食材を積極的に取り入れれば、健康的でかつセルフフェラしやすい体になれます。

では、セルフフェラしやすい体づくりのためのストレッチを3つご紹介いたします。

  1. 背中の上部およびに左右の筋肉を伸ばすストレッチ
  2. 肩甲骨を動きやすくするストレッチ
  3. 背中と腰をほぐすストレッチ

①手を体の前で組んだら、組んだ手をまっすぐできるだけ遠くへ伸ばすようなイメージで肘を外側に向けましょう。軽く背中が丸まるようにすると背中がよく伸びます。

②椅子に座り、軽く背中を丸めながら腕で片膝を抱えるように持ちます。抱えている足が床にギリギリつかないくらいの高さを維持し、腕、上半身、膝をゆっくり前に倒しましょう。

③仰向けに寝転び、肩が床から離れないように気をつけながら、足を上げてちょうど膝が顔のところに来るように持っていきましょう。

ペニスを増大させてペニスのサイズをアップさせよう

トレーニングなどで体の柔軟性を手に入れても、肝心のペニスがあまりに小さいと、フェラチオしづらいでしょう。

ペニスサイズは、フェラチオだけでなく、実際のセックスにおいてもコンプレックスの要因となります。

ペニスサイズアップには、ペニスの血流をアップさせるためのチントレとペニス増大サプリの摂取がおすすめです。

もちろん、1日や2日で変化するものではなく、少なくとも数ヶ月は続けて様子をみてください。

コツコツと積み重ねることで、気づけばペニスサイズがアップしていて、そこには新しい快楽が待っていることでしょう。

持続することで自分に自信が持てるうえ、セルフフェラでイきやすくなり、身も心も満足します。

なお、チントレとサプリにプラスして、ペニス増大を目的としたアダルトグッズを使ってみるのもひとつです。

ペニス増大方法①チントレ

ストレッチで柔軟性をアップさせながら、チントレでペニスサイズアップを目指せば、鬼に金棒です。

ちんこが長ければ長いほど、自分のちんこをなめやすくなるのはいうまでもありませんよね。

チントレのやり方は簡単。勃起していない状態のペニスの根元を指で丸く押さえて、もう片方の手で引っ張るだけです。チントレのなかでも最も有名なやり方なのでぜひトライしてください。

ペニス増大方法②サプリの摂取

ペニスサイズアップには、L-シトルリンとアルギニンが含まれたペニス増大サプリを摂取するのも有効です。

とくに、海外のサプリは含有量が多くておすすめ。海外のサイトを利用して個人輸入しても良いのではないでしょうか。

実際、チントレにサプリをプラスしたことで、勃起時の硬さや長さがアップしたという声もありますから、ぜひ取り入れてみるべきです。

セルフフェラのデメリット

特別なアイテムを準備する必要がなく、手軽に、めくるめくような快感を得られるセルフフェラですが、デメリットも存在します。

セルフフェラのデメリットをピックアップしましたので、取り組む前に、しっかり把握してください。

セルフフェラのデメリット①腰への負担

セルフフェラはとても気持ちの良いオナニーですが、同時に体の柔軟性が必要で、やや上級向けのオナニーとも言えます。

自分の口でペニスを咥えたうえ、その体勢でフィニッシュまでのピストン運動に耐える必要があり、無理をすると腰を痛めるなど体に負担がかかることもあります。

いくら気持ちが良くても、体を壊してしまっては意味がありませんから、もし自分には難しいなと感じたら、すっぱり諦めて別のオナニーに切り替えるのもありです。

無理をして腰を痛めてしまっては、オナニーばかりか仕事や家事など日常生活にも支障をきたしてしまいます。

セルフフェラのデメリット②ペニスを傷つける可能性

セルフフェラを無理にしようとすると、体勢を崩すなどして思わずペニスを傷つけてしまう恐れがあります。

たとえば、グラグラっと体が揺れて痛みが走り、その反動で歯を立てた結果、咥えていたペニスを噛んで傷つけてしまうというシーンです。

オナニーは安全第一。快楽を追求しすぎるがあまりに、無理な体勢は避けるようにしてください。

セルフフェラのデメリット③持続性に左右される

セルフフェラで射精まで到達できるのは理想ですが、それには体勢のキープとそれなりの体力が必要となります。

実際のフェラチオでも、女性が口だけで男性をフィニッシュまで到達させるのは難しいことで、セルフフェラも同様です。

難しいなと感じたら、セルフフェラでのフィニッシュは諦め、普通のオナニーと織り交ぜながら楽しむと良いでしょう。

フェラチオのようなオナニーを体感できるグッズ

セルフフェラはハードルが高くて自分には無理、また、やっぱり自分のペニスを口に入れるのは嫌、という方におすすめなのが、アダルトグッズの利用です。

アダルトグッズ専門店には、まるでフェラチオのような感覚を楽しめるグッズが販売されていますから、そうしたアイテムを使えば手軽にフェラチオのような快感を得ることができます。

たとえば、フェラホール。膣を再現したオナホールと同じ要領で、口を再現したアイテムです。

ペニスを入れると、まるで女性の舌で刺激されているかのような感覚を得られますので、ぜひ試してみてください。

トレーニングや食生活など努力を重ねて自分でフェラチオするのもひとつですが、便利グッズを利用して快楽を得るのもひとつ。フェラホールの素晴らしさを一度体感すると忘れられなくなるそうです。



実感力最強の巨根化増大アイテムを本物の口コミから検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。