床オナニーのやり方やリスクは?どのくらい気持ちいいいのか?床にちんこをこすりつける床オナの危険性も解説!

床オナニーのやり方やリスクは?どのくらい気持ちいいいのか?床にちんこをこすりつける床オナの危険性も解説!

【2019/3/23更新】うつ伏せで勃起したときに、床や布団などにちんこをこすりつけると、あらまあ気持ちいがいい!

体を前後に揺らせば想像以上の快感を得られ、これこそが床オナニーの原点。

床をおかずにチンコに刺激を与え抜くのが床オナニーとなります。

このため、床オナニーは別名、うつ伏せオナニーとも呼ばれているんですね。

床オナニーはとても簡単でシンプルな方法ですが、一度味わうと病みつきになってしまう気持ちよさで、このやり方じゃないとオナニーした気がしないという男性もいるコアなオナニー。

ただし床オナに慣れてしまうと刺激がないといけなくなるなどの問題もでてくるとか!?

ここではでは床オナニーのやり方や注意点について、詳しく解説していきます。

初心者にも簡単!床オナニーの方法

床オナニーのやり方は簡単。うつ伏せになってオナニーするだけです。

名前に「床」とついていますが、とくにはじめのうちは、ベッドや布団の上ですることをお勧めします。

フローリングでおこなうと刺激が強すぎて、ペニスを痛めてしまうこともありますのであまり推奨できません。

もしもより強い刺激が欲しくてフローリングでする場合も、ペニスの下に柔らかいタオルくらいは敷くべき。タオルはフィニッシュしたときの汚れ防止にも便利です。

では早速はじめましょう。寝転がったまま腰を少し浮かせて、ちょうど女性にピストン運動するように前後に動かしペニスの裏側をこすります。

床にペニスが擦り付けられるたびに快感が走りますから、そのままピストンを続けフィニッシュしましょう。

きっと、これまでしていた普通に手でしごくオナニーより床オナニーがずっと刺激的なことがわかるでしょう。

床オナニーの快感はペニスの向きと力加減に左右される

床オナニーでは、ペニスの向きと力加減によって快感度が変わってきます。

勃起した時のペニスの硬さやサイズ、ペニスにかかる体重には個人差がありますので、一概にどのくらい力を入れればいいというルールはありません。

自分はどのくらいが気持ちいいか、を探りながらオナニーしてみてください。

ただし、はじめから激しく床にペニスを擦りつけるとペニスに傷がつくこともありますから、要領がわからないうちは弱めの刺激から始めた方が良いでしょう。

次にペニスの向きですが、通常、勃起したペニスは斜め上にそりたっているかと思いますので、そのペニスを床で擦り上げられるような向きにしてください。

ペニスを下に向ける方法もあるにはあるのですが、痛みが生じることがあり、上級者向けのテクニックと言えます。

床オナニーのやり方はネット動画などでも配信されていますから、参考にしながら正しい方法で試してみてください。

床オナニーでは射精が問題

床オナニーは手軽に快感を得られる方法ですが、一つ気になることがあります。

それは射精。快感に身を委ねて何も考えずにフィニッシュしてしまうと、下着のなかが精液でベタベタになってしまい不快です。

だからといって下着を脱いで生のペニスを床に擦りつけると、床にペニスの皮が巻き込まれるなど傷や痛みのもとですし、今度は床を精液で汚すことになります。

となると、ペニスと床の間に何か敷いておくのが良いかと思いますが、ティッシュペーパーだと、擦りつける間にズレてしまいますし、精液が漏れ出る可能性も高いでしょう。

あとで洗濯するのが嫌でなければ、タオルを敷くのがベスト。また、洗濯はしたくないというなら、女性用ナプキンがおすすめです。

生のペニスを床に擦りつけるのはNG?

床オナニーを試してみたもののペニスが痛くて気持ちよくない、という方に多いのが、下着を脱いで裸でオナニーしているケースです。

勃起状態のペニスをそのまま床に擦りつけるのはペニスを痛める可能性がありおすすめできません。

さらに、床やカーペット、布団には目に見えない雑菌がたくさんありますから、生で押し付けるのは衛生的にもNGです。

ペニスの安全を考えて、床オナニーをするときは下着やタオルなど何かクッションになるものを間に敷くようにしてください。

床オナニーおすすめの方法

床オナニーのおすすめ①床オナニー専用シート

アダルトグッズ専門店などには床オナニー専用シートなるものが販売されています。

通常のオナホールの内壁部分を切り開いてシート状にした雰囲気のアイテムで、このシートを床に敷いてその上でオナニーすると、床オナニーでありながらまるでオナホールを使っているかのような心地です。

ローションを塗ればさらに快感倍増で、ヌメヌメ感が気持ちよく、さらに床にペニスが突っかかることもなくなり一石二鳥です。

また、シート状になっているため、洗いやすくメンテナンスが楽というのもメリットです。

床オナニー専用シートは、通常のオナホールほどの膣の感じがないため、やや快感度が下がるという声もありますが、安価で購入できメンテナンスが簡単という利便性から人気の高いアイテムです。

まず初めに床オナシートを揃えてみてもいいでしょう。

床オナニーのおすすめ②据え置きオナホールやおっぱいパーツ

床オナニーというと床に平行に寝てペニスを擦りつけるイメージが強いですが、実はアダルトグッズを使ったより刺激的なやり方があります。

何も使わない普通の床オナニーでは、ただ床での刺激のみですが、アダルトグッズを組み合わせると、よりリアリティを味わえます。

まるで女性の恥部をかき分けている時のような感覚や、ペニスを適度に締め付ける感覚など、実際のセックスを思い起こすことでしょう。

たとえば、背が低い据え置きタイプのオナホールを使うと素股をしてもらっているような感覚を味わえますし、おっぱいパーツを使えばパイズリをしている感触です。

おっぱいパーツのなかには、谷間に溝があってよりペニスに快感をもたらしてくれるタイプもありますから、ぜひお気に入りの商品を探してみましょう。

上質なシリコンで精巧に作られたおっぱいパーツを使えば、ペニスが圧迫されながらも、なんだか女性の柔らかいおっぱいに本当に包まれているかのような気持ちよさを味わえるでしょう。

ちなみに、おっぱいパーツにブラジャーをつければ、まるで本物の女性のよう。リアリティが半端なく興奮度マックスです。

こうしたアダルトグッズを併用しての床オナニーを一度味わうと、その快感を忘れられず、虜になってしまう男性が多いようです。

床オナニーのおすすめ③女装

女装と言うと大げさですが、女性の下着やスカートをちょっと履いて、床オナニーしてみるのもいいでしょう。

と言うのも、女性用の下着や衣類には、質が良いものが多く、とくにナイロンのショーツや、繊細なストッキングを着けて床オナニーすると、ペニスにあたる感触がたまりません。

ストッキングオナニーという言葉もあり、アダルトビデオでもちょくちょく見かける方法なので、マニアックだと思わずにぜひ試してみてください。

さらに、女子高生やナースの制服などに身をつつみそのまま床オナニーすると、精液が神聖な女性を汚しているような感覚を得られ、興奮するものです。

床オナニーのおすすめ④アダルト動画や音声

もはやオナニーの定番かもしれませんが、床オナニーする時に、アダルト動画や音声を流しておくのもおすすめです。

女性の喘ぎ声に合わせてピストンすれば、まるで本当にセックスしているようで興奮が高まります。

とくに好きな女優さんがいるなら、まるで彼女を犯しているよう、憧れの女優さんと体を重ねているかのような錯覚さえ覚えます。

ここに据え置きタイプのオナホールまで併用すれば、リアリティ抜群。至福のひとときでしょう。

アダルト動画も音声も、今やネットでは無料で手に入りますから、試してみない手はないでしょう。

床オナニー7つのデメリット

床オナニーはリスクがある、といった話をなんとなく聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

床オナニーは普通のオナニーでは到底得ることのできない快感を味わうことのできるおすすめオナニーですが、リスクがあることも頭に入れておきましょう。

では、床オナニーの7つのデメリットについて、詳しくみていきましょう。

床オナニーのデメリット①膣内射精障害のリスク

床オナニーのデメリットのなかでも、最も有名かつ深刻なのが、膣内射精障害になるリスクです。

膣内射精障害とは、名前の通り、女性の膣では快感を得られず射精できない症状をさします。

せっかくの愛する女性とのセックスでフィニッシュすることができず、男性のみならず女性をも傷つけてしまいかねません。

一度発症してしまうと、改善するには時間がかかり厄介で、最悪の場合専門のクリニックで治療することが必要です。

床オナニーのように強い圧迫感がないと射精に至らないという方は要注意です。

膣内射精障害は、床オナニーのような強い刺激にペニスが慣れてしまうことで起こる症状で、こうなると、床オナニーやより激しい刺激がないと射精に至れなくなります。

また、床オナニーでは、自分の体重をペニスにかけるため、ペニスに血液が行き届きにくくフル勃起しにくくなります。

ペニスがこのくせを覚えてしまうと、今度は、勃起が十分でなくても射精してしまう状態になり、精液が勢いよく出ず、チョロチョロと漏れ出るような射精になってしまうケースも見受けられます。

快感を得られる床オナニーですが、こうしたリスクがあることをしっかり覚えておいてください。

床オナニーのデメリット②ペニスが傷つく恐れ

床オナニーでは、ペニスに負担がかかるあまり、ペニスに傷がつく、痛める可能性があります。

フローリングの床ではなく、クッション性のあるベッドで床オナニーしても、やはりペニスを圧迫し摩擦することに変わりありません。

なかには、ペニスに切り傷ができた、あるいは出血したというケースもあり、注意が必要です。

ペニスはとても繊細な場所で、傷が治りきらず、排尿障害や真性包茎、尿道から菌が入り込んだが故の性病を引き起こすこともあります。

床オナニーのデメリット③ペニスの変形

ペニスに自分の体重をどっしりかけることとなる床オナニー。強い負荷によりペニスが変形してしまうリスクがあります。

たとえば、右か左どちらかにペニスが曲がってしまうケース。一度曲がってしまうと、まっすぐ正しい位置に修正するのはかなり難しいそうです。

そもそも、男性のペニスというのは、寝る方向などの習慣により左右のどちらかにやや曲がっているものですが、床オナニーでの変形はそんなものではありません。

とくに、これからまだ成長する思春期の頃に変形すると、そのまま成長し、将来パートナーとセックスするときに困ることになります。

もちろん、大人になってからもペニスが変形することは十分あり、大人の方がより体重が重いことも多いので、さらに深刻と言えるかもしれません。

床オナニーのデメリット④仮性包茎

床オナニーは、仮性包茎の発症や、また仮性包茎を悪化させてしまうリスクがあります。

それは、ペニスを床に擦りつけてピストン運動をする床オナニーをし続けると、ペニスの包皮が伸びてしまうからです。

一度皮が伸びてしまった皮は元には戻らず、最悪の場合、包茎手術で治療することになります。

床オナニーのデメリット⑤通常の体勢でイケなくなる

床オナニーの体勢に体が慣れてしまうと、しまいにはうつ伏せでないと射精できない、という状態に陥ります。

ということは、セックスの正常位でイケなくなるということにもなり、問題は深刻です。

さらに、床オナニーのとき、足をピンと張ってフィニッシュを迎える足ピンオナニーをしている場合はより深刻です。

床オナニーのデメリット⑥実際の女性では感じなくなる

セックスの場合ペニスが勃起してから膣に入れますが、床オナニーの場合、ペニスがまだペニスが勃起していない状態から始められます。

さらに、女性の膣よりも床オナニーの方がペニスへの締め付けも強く、床オナニーに慣れてしまうと、女性とのセックスに興味がなくなってしまうことさえあります。

この状況が進むと、膣内射精障害もしくはED(勃起不全)といった深刻な事態を招く恐れがあります。

床オナニーはとにかくもたらされる快感が強いので、つい繰り返したくなるのですが、まだ現役でいたいなら、自分を律して、回数を制限するのが得策です。

床オナニーのデメリット⑦ED(勃起不全)

ただでさえ年齢を重ねるにつれ、ED(勃起不全)になる可能性が出てくるのですが、床オナニーをしすぎるとその可能性がさらにアップします。

愛するパートナーや妻との関係がなくなりセックスレスとなると、溝が深まり不穏な空気が流れることもあります。

床オナニーでトラブルに見舞われたら?

床オナニーの対処法①床オナニーをやめる

もしも床オナニーを続けていて何かトラブルがあった場合は、とにかく床オナニーをストップしてください。

快感が半端ないので、ついついやってしまいがちですが、どんどん問題が深刻になっていきます。

ほかにも乳首オナニーや亀頭オナニー、アナルオナニーといった普通のオナニーに一工夫するやり方がありますから、刺激を求めたいならそちらに変更してみてはいかがでしょう。

床オナニーの対処法②回数を減らす

どうしても床オナニーをやめられないなら、頻度を減らすのも一つの策。頻度を減らすうちに、それほど激しい刺激でなくても射精できる体になり普通のオナニーで満足できるようになり得ます。

一度床オナニーに慣れてしまった方も、回数を減らすことで自然と床オナニーを卒業できることがあります。

床オナニーの対処法③通常のオナニーに移行する

刺激的な床オナニーに慣れすぎると、普通の手でするオナニーでなかなかイケなくなることが多いのですが、それでも時間をかければ射精に至れる男性も多いです。

たとえ時間がかかってもどかしいと感じても、普通のオナニーでフィニッシュを迎えられるよう頑張ってみましょう。

床オナニーとうまく付き合おう

床オナニーとは、床にペニスを擦りつけるオナニーで、普通に手でするよりはるかに快感を得られるため、支持率の高い方法です。

ただし、床オナニーにはリスクがあり、自分を律して回数を制限することが重要です。

とは言え、一度快感を覚えるとなかなかやめられないのが人間。そんな方にオススメなのが、床オナニー専用のオナホールの利用です。

床オナニー専用オナホールを使えば、床に直接ペニスを擦りつけるよりソフトな刺激で、しかも間違ってペニスを傷つける心配もありません。

オナホールは女性の膣を再現したアイテムなので、実際のセックスの妨げにならず、むしろ、イク感覚を取り戻せるかもしれません。

ただし、あまりに強く手でペニスを握りしめていては、刺激の強さを脱することができませんから、手に力を入れすぎないように気をつけてください。

床オナニーに慣れすぎて普通のセックスでは満足できないようになってしまっていても、オナホールでイケるようになれば、また女性の膣への挿入でフィニッシュできるようになります。

強い刺激に慣れていたペニスを、少しずつ弱い刺激でも快感を得られるようにしていき、床オナニーを上手に卒業してください。



実感力最強の巨根化増大アイテムを本物の口コミから検証

ペニス増大トレーニング方法生の口コミ体験談を基に責任を持って監修する「増大サプリおすすめランキング」大公開!モテる男は知っている本当に実力のあるペニス増大サプリを余すこと無くご紹介します。